本ウェブサイトでは、JavaScriptおよびスタイルシートを使用しています。
お客さまがご使用のブラウザではスタイルが未適応のため、本来とは異なった表示になっていますが、情報は問題なくご利用できます。

ここから現在位置です。
現在位置ここまで。
ここから本文です。

目的

名称 (一財)ITSサービス高度化機構
(ITS-TEA: ITS Technology Enhancement Association)
代表者 理事長 田﨑 忠行
所在地 東京都千代田区二番町11番7号 住友不動産二番町ビル6F
設立年月日
  • 平成11年9月2日
  • 平成25年4月1日 一般財団法人に移行
  • 平成26年9月1日 吸収合併により「一般財団法人ITSサービス高度化機構」となる
目的 本機構は、高度道路交通システムサービス(以下「ITSサービス」という。)における有料道路自動料金収受システム(以下「ETCシステムという。)及び狭域通信を応用したシステム(以下「DSRCシステム」という。)に関するセキュリティを確保するための機能・役割を担う業務並びにETCシステムやDSRCシステムの技術の高度化に関する調査研究業務等を行うとともに、それらの技術を活用した社会のニーズに応えるITSサービスの実施を支援することにより、道路使用者の利便性の向上と道路の効率的な利用に寄与し、もって国民生活の向上と経済の活性化に資することを目的とする。
事業内容
  1. ETCシステムに関する情報安全確保規格の提供に関する業務
  2. ETCシステムに関する識別処理情報の付与に関する業務
  3. DSRCシステムのセキュリティに関する環境の提供と運用に関する業務
  4. ETCシステム及びDSRCシステムに関する標準化
  5. ETCシステム及びDSRCシステムの普及促進
  6. ETCシステム及びDSRCシステムの技術の高度化に関する調査研究及び開発
  7. ETCシステム及びDSRCシステムの技術に関する情報収集・提供及び関係機関・団体との交流
  8. ETCシステム及びDSRCシステムの技術の活用に関する業務
  9. 上記に関する委託された業務の執行
  10. その他本機構の目的を達成するために必要な事業

上記の事業は、日本全国及び海外において行うものとする。

PDFファイルをご覧いただくためには、Adobe Acrobat Readerが必要です。
インストールされれていない場合は、アドビ社のサイトよりダウンロードしてください。
Adobe Acrobat Readerのダウンロード

本文ここまで。
ここからカテゴリ内メニューです。
カテゴリ内メニューここまで。