本ウェブサイトでは、JavaScriptおよびスタイルシートを使用しています。
お客さまがご使用のブラウザではスタイルが未適応のため、本来とは異なった表示になっていますが、情報は問題なくご利用できます。

ここから現在位置です。
現在位置ここまで。
ここから本文です。

調査研究及び開発等

一般財団法人ITSサービス高度化機構は、ETC及びDSRC(ETC2.0)に関するセキュリティプラットフォームを提供するとともに、ETCシステム及びDSRCシステムに関して標準化や技術の高度化、普及促進等に貢献するため、各種の調査研究を実施しています。

ITSによる世界一安全で円滑な道路交通社会に実現に向け、皆様の業務や研究に広く活用していただけるように、成果の一端を公開するものです。

平成26年度

  1. ETCおよびETC2.0のセキュリティ確保などに関する調査研究

    セキュリティ技術の動向を踏まえ、ETCに関するセキュリティの確保と向上などに関する調査研究を実施。特に、ETCセキュリティの更なる高度化に向け、暗号アルゴリズム、及びプロトコルの適用検討、及び実装性に関する検討を実施。

  2. ETCおよびETC2.0の利用実態及び利用者へのサービス向上に関する調査研究

    ETC市場の基礎調査として、ETC車載器の市場価格調査、セットアップデータの集計分析、アンケートを組み合わせたETC車載器の利用実態調査等を実施。

    1. 2-1)ETC車載器の利用実態調査
  3. ETCおよびETC2.0を利活用したサービス展開に向けた調査研究

    既存ETCおよびETC2.0車載器の更なる活用を目指し、各種パイロットシステムの検討、試作、実用化検証等を実施。

  4. ETC関連技術に関する情報収集・公表

    国内外のETC関連技術動向調査を実施するとともに、有識者等との懇談会等を通じ、関係者間の交流を図る等、ETC関連技術の情報収集に努め、ETCに関する知識・情報の共有化を図り、その成果をETC関係者等に積極的に配信

    1. 4-1)国内外のETC関連技術動向調査
  5. 講演資料等
    1. 5-1)日本におけるETCの利活用サービスの現状と今後の展望(ITS世界会議発表論文の日本語版原稿)

平成27年度

  1. 建設現場におけるETCを利活用した実証実験

    建設現場における車両の運行管理に対し、ETC2.0の導入を視野に、その有益性、システム評価、課題・改善点等の把握を目的とした実証実験を実施。

    1. 1-1)建設現場におけるETC利活用の実証実験
  2. 講演資料等
    1. 2-1)日本におけるネットワーク型ETC技術と民間活用について(ITS世界会議発表論文の日本語版原稿)
    2. 2-2)第31回日本道路会議特別共催イベント「走行課金に関する国際シンポジウム」講演資料
    3. 2-3)A 'New ITS Society' with ETC(第25回世界道路会議ソウル大会でのブース放映動画)

PDFファイルをご覧いただくためには、Adobe Acrobat Readerが必要です。
インストールされれていない場合は、アドビ社のサイトよりダウンロードしてください。
Adobe Acrobat Readerのダウンロード

本文ここまで。
ここからカテゴリ内メニューです。
カテゴリ内メニューここまで。